コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの正体

役割

コンドロイチンの果たす役割は、体のそれぞれの箇所で異なっていますが、今、最も注目を浴びている役割は、神経回路をつくるときのガイドという役割です。神経回路が伸びていく方向などをコンドロイチンが決めるというもので、さまざまな病気への効能が期待されています。

コンドロイチンの体へ働きかける役割は、端的に言えば、体のさまざまな組織に存在して、その働きをスムーズにすることです。機械で言えば、潤滑油といったところです。 まず、骨の組織においては、骨の細胞を結びつけて丈夫な骨をつくる手助けをし、関節においては、軟骨の形成を助けてクッションをつくり、体の動きがスムーズになるよう働きかけます。

次に、体液の保持と調整という役割も担っています。体の水分を調整して肌の老化を防いでくれたりします。 また、栄養分の補給や貯蔵といった役割も担っています。血液によって運ばれた栄養分は、コンドロイチンがもつ水分を伝って細胞へと運ばれていくのです。

さらにコンドロイチンには、痛みや炎症の原因を取り除くといった作用や、細胞と細胞の結合を助けて病原菌などの侵入を防ぐといった防御壁な役割もあります。ほかにも、血液中のコレステロールを分解して血液をきれいにしたり、不要な血管ができるのを防いでガン細胞の増殖を防ぐなど、血液についても重要な役割を担っています。

健康的な生命活動を維持していくためには、今やコンドロイチンの働きを無視することはできません。コンドロイチン不足は、そのまま生命活動の低下、老化へと通じていくのです。