コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの摂取

摂取法

コンドロイチンは、サプリメントや医薬品として出されているものの多くが、グルコサミンなどほかの成分と配合されて発売されています。ただし、それぞれの含有量や品質は一定しておらず、ばらつきがあるのが実態です。

そこで、初めてサプリメントとして使用するときは、長く信頼を得ている大手メーカーから出されていて、発売の歴史も長いものを選ぶほうが安心です。サプリメント摂取では、リスク管理は自分で行うのが鉄則なのです。

コンドロイチンは年齢とともに減少していく成分なので、自分の年齢に合わせた摂取量も考えていく必要があります。とくに高齢者にとっては、老化防止、骨粗しょう症予防、老眼の予防など、改善したい症状もさまざまなので、症状に合わせた摂取方法も考える必要があります。改善したい症状に合ったサプリメントなのかを確かめ、それぞれの説明書もよく読むことが大切です。

コンドロイチンの一日の平均的な摂取量は400グラムとされています。つまり、これだけ摂取すれば、体内で必要なコンドロイチンが補えるという意味です。そのため、腰痛の改善などで即効性を求めるなら、平均よりも多い摂取量が必要です。このようなケースでは医薬品として使用し、医師と相談して服用するほうがよいでしょう。

また、美肌作りなどに使用したいのならば、毎日食べられる納豆などの食品で補いながら、ヒアルロン酸などほかのサプリメントとも合わせた摂取で時間をかけて改善する方法がお勧めです。