コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの成分

軟骨

関節においてのコンドロイチンの働きは、ひと言で言えば、軟骨の働きを守ることです。骨と骨の間にあって関節の動きをスムーズにしている軟骨にまとわりつくように存在し、クッションの役割を果たして関節において軟骨が機能できるよう守っているのです。

加齢とともに軟骨が磨り減ってしまって骨と骨が直接触れ合うと、関節痛といわれる痛みを生じさせます。痛みが出るのは、コンドロイチンが減ってしまい、軟骨に対して本来の役割を果たせなくなるためです。

本来ならば、クッションの役目で軟骨がうまく機能して骨と骨が直接触れ合うことはないのですが、不足することでクッションをなくした軟骨がすり減ってしまい、その結果、骨同士が直接触れ合って傷つき、痛みを伴うのです。

コンドロイチンは、痛みを吸収する役割も担っています。関節に衝撃があっても痛みとして伝えず、自らの中に吸収していました。それが、不足してくると、痛みを吸収できずに伝えてしまうのです。関節痛が高齢者に多く、コンドロイチン不足の代名詞のように言われるのもそのためです。

関節痛を除去するためには、加齢とともに失われたコンドロイチンを補ってやるのがいちばん良い方法です。軟骨の再生を促す必要があるため、軟骨再生の効能の高いグルコサミンと一緒にサプリメントとして摂取するのが効率的な対処法です。軟骨を再生させた上で、コンドロイチンのクッションができあがることで、軟骨は関節において本来の働きができるというわけなのです。