コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの効能

美肌効果

肌については、コンドロイチン自身がもつ特性が、そのまま効果となって表れます。つまり、みずみずしさや軟らかさといったコンドロイチンのもつ特性が、肌を健康に保つ効果として発揮されるのです。

コンドロイチンが発揮する主な効果としては、水分を蓄える保水力の向上がありますが、これが肌細胞に潤いを与え、みずみずしい肌を作り出す原動力となってきます。また、コンドロイチンは、その軟らかさによりクッションの役目も負いますが、それが、弾力性に富む張りのある肌を作り出すのです。コンドロイチンの摂取は、美肌効果に大きな力があるということなのです。

コンドロイチンが不足してくると、肌には弾力性がなくなり、シワやたるみといったものが増えてきます。また、みずみずしさも失われてくるために、かさかさした乾燥肌になることもあります。

美肌効果のある成分としては、ほかにコラーゲンなども知られています。コラーゲンは肌に弾力性を持たせる成分ですが、コラーゲンが肌に対して効果を発揮するためには、じつはコンドロイチンの力を借りなければなりません。コンドロイチンとグルコサミンを同時に摂取することで、コラーゲンは肌において再生されていくのです。コンドロイチンとグルコサミンは相性の良い相手みたいなもので、美肌効果に対しても、一緒に摂取するほうが、相乗効果が出てより効果が期待できます。

ほかに、コンドロイチンは、傷んだ箇所の修復作用や細胞からの老廃物の排出作用なども持っています。これらの作用も美肌づくりには嬉しい効果をもたらします。肌を健康に保つすべての作用はコンドロイチンが負っているといってもいいかもしれません。