コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの効能

老眼・眼精疲労防止

コンドロイチンは、眼球についても大きな影響力を持っています。 眼球のレンズの部分は水晶体という水分の多い組織でできていますが、私たちが物を見るときは、毛様体という組織がこのレンズを引っ張ることで厚みを調整して網膜上に焦点を合わせて映像化させています。この毛様体の動きをうまく調整してくれているのが、コンドロイチンの保湿性、弾力性なのです。

年齢とともにコンドロイチンは不足してきますが、やはり体のほかの組織同様、毛様体の動きもコンドロイチン不足とともに鈍くなって、レンズの調整に狂いが生じてきます。これがいわゆる老眼です。

老眼もまた、加齢によるコンドロイチン不足で生じる老化の一つです。老眼に加え、高齢者特有の目の病気に白内障というものもあります。これは、レンズの役目をしている水晶体が平たくなってしまい、近くが見えにくくなるものです。

水晶体もまた多くの水分でできているため、コンドロイチン不足で変形してしまうのです。目の老化について、コンドロイチンは大きく関与しているということです。

老化による目の異変だけでなく、若いときもコンドロイチンが不足すれば、目に異常が生じます。ストレスを抱えていたり疲労が重なったりすれば、眼精疲労という形で目に異常が生じるのです。目が疲れる、目が重たいという感じは、まさに眼精疲労の症状です。眼精疲労もまた、体の疲労回復同様に、十分な睡眠や休息、栄養のバランスのとれた食事などでコンドロイチンを補っていけば、回復が図れます。