コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの効能

骨粗しょう症防止

骨の老化といえば、骨粗しょう症のことがまず考えられます。骨粗しょう症の大きな原因はカルシウム不足です。とくに女性の場合、年齢を経て閉経を迎えると、卵巣ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなってしまうことで、カルシウムの吸収がより悪くなるとされています。そのため、女性の高齢者には骨粗しょう症を患っている人が少なくありません。

コンドロイチンは、その骨粗しょう症の改善に効果のある成分です。コンドロイチンのもつ粘着性がカルシウムを骨に沈着させることで、骨を再生させる手助けをするのです。骨のもつカルシウムの吸収力は年齢とともに次第に落ちてくるのですが、それをコンドロイチンが補ってくれるというわけです。

骨粗しょう症は、自覚のないままに進行するのが特徴です。日ごろは骨の異常を感じないまま生活できていても、ある日、転んだ拍子に手をついて、簡単に骨折してしまうというケースがけっこうあります。

また、足の大たい骨を骨折してしまい、そのまま寝たきりになるケースなどもあるのです。寝たきりになると運動不足に陥り、さらに骨粗しょう症が進行してしまいます。

そんなことにならないよう、高齢を迎える前に、日ごろから骨を意識した食生活を考えるべきかもしれません。その際、まずカルシウムをよく摂取することを意識すべきなのですが、一緒にコンドロイチンなど骨の再生を手助けする成分も摂り入れることを考えなければ、せっかくたくさん材料を摂り入れても無駄になってしまうのです。