コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチン商品

薬品

コンドロイチンは、サプリメントとして広く知られていますが、医薬品としても臨床などを通じてその効果が認められています。腰痛や関節痛の治療に用いられる医薬品の原料には、ほとんどの場合、コンドロイチンが用いられているのです。

従来、関節痛の治療には、患部に貼って使用するシップ薬が用いられていました。また、痛みがあまりに酷いときは、鎮痛薬などが調合されてきました。関節痛や腰痛の処置としては、目の前の痛みを抑えるという対症療法という手段しかなかったのです。

しかし、コンドロイチンの効果が認められるや、医薬品という形で投与することで直接軟骨の形成を促して関節の痛みを和らげる方法が用いられてきました。この治療法では、痛みを取り除くとともに再発も防いでくれるのです。

コンドロイチンは、医療機関や美容整形外科において、直接筋肉に注射するといった治療で使用されることもあります。医療の場では、この治療法は腰痛や関節痛に対する治療として行われます。一方、美容整形外科では、アンチエイジングに対して行われ、コラーゲンの生成を助けるものとして使用されています。サプリメントとして摂取する場合は、錠剤などにして口から摂取するわけですが、医薬品として使用される場合は、このように直接の効果を狙うことが少なくありません。

それは、コンドロイチンが動植物の体内に本来存在している成分であり、安全性が保証されているからにほかなりません。臨床実験でも、すでにその効果と安全性が保証されています。