コンドロイチン効果効能ガイド

コンドロイチンの不足

全身の老化

老化はだれにでも起きる現象です。ただ、そのスピードが人によって違ってくるだけです。顔を見ただけでも、あの人は年よりも若く見えるとか、年よりも老けた感じだという印象があります。

だれでも老化は遅いほうがよいと考えます。最近では、アンチエイジングという言葉が女性誌あたりを発信源として流行していますが、何とかして老化を防ぎたいという思いは、だれもがいつの時代にも望んできたテーマと言えるでしょう。

老化というのは、一言でいうならば、細胞に栄養が行き届かなくなる状態のことです。栄養が行き届かなくなると、細胞は衰えて本来の活発な機能を失っていきます。 老化は、まず体内の新陳代謝が鈍くなることで起こり始め、同時に、細胞へと栄養を送り込んでいる結合組織の働きが低下していくことで加速されます。

この結合組織こそがコンドロイチンが関わる組織です。コンドロイチンの生産が減ってしまうと、血液によって運ばれてきた栄養を受け継いで自らのこの組織の中に栄養を吸収して細胞まで運んでいくという機能が失われてしまうのです。そのため、細胞が栄養不足になるのです。この細胞が筋肉細胞であれば、筋力の衰えとなり、肌細胞ならば皮膚のたるみやカサつきとなって出てきます。

また、眼球ならば毛様体筋の硬化による老眼や白内障などを生じさせ、骨細胞であれば骨密度が低い骨粗しょう症を生じさせてしまいます。これらは、いずれも高齢者に多い老いの症状といえるものです。